rfvghyednca (rfvghyednca) wrote,

園山真希絵

は亜空にいる時間も増えてきた。

 あの天才侍モドキの考えは概ね正しかったようで、報告翌日から始まった試行で亜空の気候はこれまで以上にころころと変わった。

 ただ、推測を下敷きにして行っていることなので、住人には予め大体の予想を伝えられていて特に問題は起こらなかった。

 どうやら僕が開けた最後の門が影響しているようだった。多分確定だと思う。nike ウエア

 最後の、と言うのは痕跡を残して巴と僕以外にも澪にも使える状態の門だ。識が自分もそろそろ出来そうだと言っていた。頼もしい。

 だから一回一回きちんと消して使う方の門だと影響は無い可能性が高いのだそうだ。

 多少の詠唱を含めるか、無詠唱で出すかくらいの違いしか無いのでどちらも僕には苦にはならない。学園から開く門を痕跡無しのものに変えて、今は初夏に近い穏やかな気候が亜空に広がっている。やや雨が多いのが難点だけどリザードなどは喜んでいた。彼らは熱帯気候がお気に入りのようだったので、それでも少し悪い事をしたかもしれない。気を遣わせてないと良いんだけど。

 巴は再び調査へと旅立った。幾つかポイントをつけて回って、四季の巡る場所を見つけるんだと奮起していた。亜空が日本みたいに四季を得る日も近いかもしれない。巴は僕と違って集まったデータからその先の結果を予測するような考えも出来るようだから、得られた気候情報のパターンから望みの場所を割り出したりしそうだ。

 今日は学園で講義をする日だ。亜空も落ち着いているから戻ってきても問題ないだろうし、またこちら中心の生活にしようと思っている。澪も料理を教えてくれる人が期間限定で来ている人らしく、今は時間を惜しんでツィーゲに滞在している。泊まりなのか徹夜なのか帰ってこない日もそれなりにあるらしい。ハマったらとことん、実に澪らしいことだ。一体どんな料理を習っているのかわからないけど、その内振舞ってくれるだろうから楽しみだ。

「ライドウ様、ここ数日の営業ですが特に問題も無く順調だったようです。彼らも成長してくれていますね」

 識が休みの間の売り上げの報告を見て満足気に話してくれる。彼も何度かロッツガルドに戻っていたけど、基本的には亜空にいた。それでも店が問題無かったのが嬉しいんだろう。僕も嬉しい。

「そうだね。人を入れ替えても働いている皆で新人教育とか出来るようになれば、僕らは大分楽が出来るようになる。ねえ識、レンブラントさんとこの娘さんなんだけどさ」

「ああ、澪殿が手紙を預かっていた件ですね」ナイキ サンダル

「うん。ツィーゲを出発した日を考えるともうこっちに来ていると思うけど、何か情報は?

「特には無いですね。学園でも復学が近いとしか。一応、有力商人の娘ですし、緘口令でも敷かれているかもしれません。ライムも街でそのような話は掴んでおりませんね」

「そうか。まあ、学園に戻ってきたら一度挨拶するとして。今日の講義で必要な届出はもう出してくれたんだよね?」

「はい、既に許可ももらっています。事前に確かめてありますので大きな問題になることもないでしょう」

 識は本当に良く動いてくれるよ。もし今度ポカしても大目にみてあげることにしよう。

 この前の魔物云々では澪に少々イジメられていたからな。

 そうだな、今日は講義が終わったら時間の合う生徒も誘ってゴテツにも連れていってやるか。ジンも鍋は気に入ったようだし、もしかしたら他の生徒にも喜んでもらえるかもしれない。食べ物で釣ろう、とは思ってないけどたまには優しくしておかないとね。

 講義前に連絡事項などは無いかと与えられた机のある
http://www.shoessrestraint.com
  • Post a new comment

    Error

    Anonymous comments are disabled in this journal

    default userpic

    Your IP address will be recorded 

  • 0 comments